2014年12月23日火曜日

霧島高原ビール「ブロンド:ピルスナー」(Kirishima Kogen Beer「Blond : Pilsner」)[2014.06.04]

【1st review in twitter】ムギっぽい優しい香り。キレとムギの風味のある鋭い苦味が舌先に当たる。口内に麦藁のような苦味と香ばしさ。後味はスッキリだが余韻はやはりムギの粉っぽさ。


【追記】ピルスナーと聞くと「すっきりごくごく!」みたいに脊髄反射しそうになりますが、このびーるは、どことなーくウイスキーのようにじっくり飲みたい印象でした。
「風呂上がりに水のように飲む!」ではもったいない感じ?

感想にもありますが、モルトの穀物的な味わいが強かったですが、その麦も実のバターっぽい味わいではなく、麦わらっぽいニュアンス。
そのあたりが、感想で「キレ」とした部分だと思います。


さて、公式ホームページでは、
世界中で最も多くの人々に愛されているピルスナービール。本場のチェコでもすくなくなった開放型二段階発酵法(下面発酵)という伝統的な製法でつくっています。ポップのきいた味わいに爽快感を合わせ持つ、何杯のんでも飽きのこないのが特徴です。(「公式>商品紹介」より。)

はて?「開放型二段階発酵法(下面発酵)」?…と思って調べてみましたが、「これだ!」という検索結果を見つける事ができませんでした…。

いつか霧島高原ビールさんに行ったら聞いてみたいと思います。(使命感)



【公式ホームページ】霧島高原ビール

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD