Instagram

2013年10月16日水曜日

2013年10月13日(日)。

前日にびーるのイベントに参加したこともあり、昼過ぎまでだらだら過ごしていたのですが、横浜のオクトーバーフェストがあるじゃない!…てことでホイホイと出かけてみたら人の波。

単独特攻で1杯くらいで帰ろうと思ってはいたものの、入場チケット購入(200円)が必須で、その行列で10〜20分待ちっぽかったのでUターンして会場を後にしました。
これが今年のオクトーバーフェスト横浜の想い出の全てです。

伝わるでしょうか…?
中央左の大きめのテントの左側にチケット販売所があるんですが、
その前の人ごみの多くが入場待ちの列です…。




こらえ性のないボクは、このあとどうしようか考えました。
こーゆー日は基本的に悪い流れが連鎖するもの。
横浜・関内近辺のクラフトビール屋さんに乗り込んでも、入れなかったり、必要以上の混雑で落ち着いて飲めないんじゃないか?と。



「よろしい。ならば川崎だ。」



てことでやってきましたT.T Breweryさん。



10月3日にオープンする、との前情報を得ていたので一度行かねば、と思っていたお店です。

びーるのみたい。>T.T BREWERY「PaleAle」


壁には本日のメニューを中心に。


店内はオールスタンディング。立ち飲み屋さんですね。
びーるは自社ブランドのTapが4〜5種類といったラインナップ。
カテゴリ的にはブルーパブなのかな?

Tap自体は7つありますが、この日は全てのTapは稼働していない様子。



カウンター5席程と3〜4テーブル席、それと壁際カウンター席が3〜4人分かな?
イスはありませんのでさくっと飲んで帰る感じですね。

お店の名前にもなっている「T.T」。
チネチッタの略かと思いましたが、オーナーさんのイニシャルだそう。
また、よく聞かれるらしいですが「T.Y. Harbor Brewing」さんとは無関係とのことです。
後ろにピリオドが無いのもポイントですね。


メニュー兼ペーパーランチョン。


折角なので、ということで、この日のびーる4種類(ピルスナー/ラガー/ブラウンエール/ポーター)を一通り飲み、さっくりとは言えないまでも小一時間で退席いたしました。
びーるそれぞれの感想はまた後日。





駅も近いし、待ち合わせや、ボクみたいにひとりでふらっと寄るにはいい感じのお店ですね。



大きな地図で見る


【公式ホームページ】T.T Brewery(てぃーてぃーぶるわりー)(Facebook)

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD