Instagram

2013年6月5日水曜日

koestritzer「schwarzbier」(ケストリッツァー「シュヴァルツビア」)〔瓶〕[2013.05.23]


【1st review in twitter】
4.8%。シュバルツのロースト感と若干の薬草っぽさ?舌先と歯の裏辺りで苦味を感じるがその後は飲みやすい。

【追記】koestritzerなのかKöstritzerなのかは言語体系の違いでしょうね。前者が英語表記、後者がドイツ語なのかな?

詩人ゲーテが好んで飲んだとされるびーるらしいです。

ストリッツァー社は、旧東ドイツ・ライプチヒの南東50kmに位置するバート・ケストリッツ村にて1543年に創業された黒ビール醸造会社。現在はビットブルガー社の傘下となっています。」(「ベルギービール専門店 東京 新宿 Frigo(フリゴ)>5/14よりKöstritzer Schwarzbier樽生スタート」より。)

ドイツビールのお店に行くとビットブルガーと一緒に置いてあるイメージがあると思ったら親会社だったんですね。

ボクにとっていわゆる黒びーるは、正直な所まだ味の違いが明確ではないのですが、このびーるは若干薬草というか漢方に近い印象がボクの中ではあります。

Sparkling character similar strength to light beers 
Varied taste ranges from smooth to sweet through to light and fresh 
Distinctive fine malty flavour from refined barley malt 」(「KöstritzerKöstritzer Schwarzbier.」より。)


特にハーブなどを添加したという記述も見られないので、モルト(麦芽)の特徴なのでしょうかね。
独特のクセがある気がするので、万人向けではないかもしれませんが、こーゆーのがふと思い出して飲みたくなるクセになるびーるでもあるんですよね。


Average values per 100 ml 
Köstritzer Schwarzbier
Alcoholic content (Vol. %) 4.8 
Brew method Bottom-fermented 
Beer type Vollbier




【公式ホームページ】Köstritzer(要年齢確認/ドイツ語?※en変更可能)

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD