Instagram

2014年10月12日日曜日

アサヒ「ドライゼロ」(Asahi「DRY ZERO」)[2014.08.12]

【1st review in twitter】モルティだがどことなく白ワイン・シャンパンのような香り。飲み口・喉越しは軽くピリッと炭酸のアクセント。モルトの苦味はあるが麦茶っぽさも。

【追記】缶は見るからにスーパードライなので、どこまで近づいた味になっているのか期待感を混めて飲みましたが、似ていたのは炭酸くらいなものでした。

ボクの中での「ビアテイスト飲料(ノンアルコール)」の定番、「麦茶っぽさ」があり少し残念ではありましたが、「白ワイン・シャンパンのような香り」がホップ由来のものだとすれば、この点に置いてはスーパードライより好みかもしれません。

さて、公式ホームページでは、

ドライなノドごしで、クリーミーな泡まで楽しめるノンアルコールビールテイストです。「アルコールゼロ」に加え「カロリーゼロ※」「糖質ゼロ※」を実現いたしました。氷点貯蔵製法によるクリアな後味が楽しめます。アルコールゼロなので、翌日仕事がある日も安心して飲めます。(※栄養表示基準に基づき、エネルギー5kcal(100ml当たり)未満をカロリーゼロとし、また、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質ゼロとしています。)(「公式>アサヒドライゼロ」より。)

また、原材料は、

食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

あまり聞いたことのないものを使っていますね…。
びーると同じように「モルトとホップ」を主原料にしたビアテイスト飲料もありますので、原材料がこーなっているのはコストの問題なのか、技術の問題なのか。

いろいろ考えさせられる部分はありますが、必要な材料なのでしょうかね?



【公式ホームページ】アサヒビール

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD