Instagram

2016年4月8日金曜日


有名ビアブロガーさんからお手紙ついた!

それは、2016年3月10日のこと。
人生稀に見る程に扁桃腺を腫らして「びーる飲めねーよ(´・ω・`)ショボーン」と、ヒーヒー言いつつtwitterをチェックすると、生ビールブログの中の人「タカバシ」さんから、こんなメンションが届いていました。



リンク先をかいつまむとこんな感じ。(こんな裏ネタバレしていいんだろうか。)

生ビールブログでは、毎年4月に「勝手にビールアワード」という
記事を書いています。これは、直近1年間で個人的にもっとも○○だったビール、
そして毎日でも飲みたいベストスタンダードビールを表彰する、
というものです。あくまでも勝手に。 
【中略】 
■もっとも○○だったビール(1銘柄)
美味しかったでも、面白かったでも、高かった、でもなんでもOKです。
■ベストスタンダードビール(3銘柄)
毎日でも飲みたいビール、という視点で選んでいただければと。
 
ということで、ひとつぜひよろしくお願いします!
リンク先より。)

あ、このタイミングでアレですが、もしかして『びーるのみたい。』に初訪問の方もいらっしゃいますかね?
管理人の「ちゃーりー」と申します。よろしくお願いいたします。(今更)

さて、話を本題に戻して、よくありがちな「一番美味しかった/そうでなかった」な依頼内容だったら丁重にお断りしていたところですが、「自分で決めていい」とのことだったので見てすぐに了解のお返事を。
正直、風邪もピークで朦朧として判断を誤った部分も否定できないんですがw

で、風邪も治りかけて、4月某日の今。
ここまでタラタラと書きはじめましたが、テーマも何も決まっていませんwwwもう後悔しかないwww

えーと、このblog『びーるのみたい。』をある程度定期的に読まれている方はご存知かと思いますが、ほぼ毎日1本のびーるを紹介している手前……、えっと、PCの方は右(スマホの方はこの記事のずーっと下の方)に過去記事が出てると思いますが、2015年4月から2016年3月までの投稿記事数はこんな感じ。

►  3月 (24)
►  2月 (23)
►  1月 (23)
►  12月 (27)
►  11月 (25)
►  10月 (25)
►  9月 (25)
►  8月 (27)
►  7月 (25)
►  6月 (26)
►  5月 (26)
►  4月 (28)

304タイトルですか…。イベントの記事とかありますが約300種類弱ですね。(え?これ全部洗い直すの??)

……と、泣き言はこれくらいにして、覚悟を決めつつ振り返ってみることにします。


「ベストスタンダードビール」3選!

まずは、「ベストスタンダードビール」。
「毎日でも飲みたいビール」とのことですが、この解釈を「飽きのこないびーる」とするか「毎日飲めるように手に入れられる定番商品」ととるか。

ま、このブログ的には、極力両方の条件を満たす……てことでしょうね。

で、選んだのがこちらの3種類です!




まずは

Budějovický「Budvar」(ブデヨビツキ「ブドバー」)〔瓶〕



「何を今更……」とお思いのびーるマニアの皆様も多いと思いますが、百花繚乱のびーるが溢れるこのびーる大航海時代にあって、700年もの歴史があるびーるがこんなに輝きを放っているとは!

amazonでも買えたり、「ちょっとした酒屋さん」でもよく見かけるくらい入手のハードルが低いのも魅力です。
もし飲んだことの無い方がいらっしゃればぜひ。



【詳しい解説はこちら:Budějovický「Budvar」(ブデヨビツキ「ブドバー」)〔瓶〕









続いては、
梅錦ビール「ヴァイツェン」(Umenishiki Beer「Weizen」)




正直なところ去年の8月なので、味の記憶が薄くなってるのは否めませんが、ある意味教科書のようなヴァイツェンだったと記憶しています。
いわゆるクラフトビールを取り扱っている酒屋さんなどではたまに見かけますし、こちらもAmazonでも入手可能のようなので、入手のハードルは低めかと。


【詳しい解説はこちら:梅錦ビール「ヴァイツェン」(Umenishiki Beer「Weizen」)












そして3つめは
Belhaven Brewery「Twisted Thistle IPA」(ベルへイヴン「ツイステッド・シスルIPA」)〔瓶〕




リンク先の個別記事にもいろいろと書いていますが、何と言っても紅茶のようなフルーティーで華やかな味わい。
そしてIPAと聞くと「ホップニガニガなアメリカンだぜ!」みたいに脊髄反射される方も多いと思いますが、このびーるはイングリッシュのほろ苦さ。

もしもクラフトビールブームに乗っからず、こんなブログもやっていなかったら、毎日こればっかりヘビロテしてたかもしれない……そんなパラレルワールドの想像すら禁じ得ないストライクな味わいでした。

こちらも西友さんの店頭、またはネットスーパーでも買えるので入手は比較的簡単かと。
245円(税抜)という低価格も魅力です。

個人的に、生活圏内に西友さんが無いのが悔やまれますw


【詳しい解説はこちら:Belhaven Brewery「Twisted Thistle IPA」(ベルへイヴン「ツイステッド・シスルIPA」)〔瓶〕




「もっとも○○だったビール」!!

さて、この「○○」。
どうしようか考えつつ、300種類近くをつらつら見ていたら、「あー、これだわ。」というびーるが出てきました。

それが、これ。

ベアレン醸造所「ルッスン」(Baeren Bier「Russ'n」)〔瓶〕


簡単に言って、「ラードラー」と「ヴァイツェン」のハーフ&ハーフ(←語弊があるかな?)なのですが、ベアレンさんはラードラー・ヴァイツェン双方共に定評があり、単体それぞれで飲んでも美味いのに、混ぜてかけ算になるとかもーなんなの!?

このびーるは、ベアレンさんの頒布会限定商品なのが残念なので、

「もっとも “限定で残念” だったビール」

としてご紹介させていただきました。
季節限定でも、直営店限定でも、イベント限定でもなんでもいいから、再販オネシャス!!!!



【詳しい解説はこちら:ベアレン醸造所「ルッスン」(Baeren Bier「Russ'n」)〔瓶〕





総括

いかがでしたでしょうか?
『びーるのみたい。』的「勝手にビールアワード 2015-2016」。

思ったより長くなったなー。
読むのも大変だったかと思いますが、最後までおつきあいいただきありがとうございました。

この他にも紹介したい、すべきびーるも多数ピックアップしていたのですが、今回の判断基準は「入手しやすさ」を重視したため、今現在手に入らないものが落選した一面もあります。ルッスンは置いといて、ですが……。

『びーるのみたい。』的には、さもありなんなノミネート陣と言えるんじゃないですかね?

ま、このブログはびーるの紹介を垂れ流してる感が否めませんので、たまにはこーゆー企画でまとめてみるってのも面白い試みかもしれないですね。来年やるかは知りませんけどw

以上、現場からお届けしました。スタジオの生ビールブログさんにお返ししまーす。

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD