2015年7月21日火曜日

サッポロビール「麦とホップ The gold」(Sapporo Beer「Mugi to Hop The Gold」)〔缶〕[2015.06.05]

【1st review in twitter】スッと鼻をつくリキュールっぽい薬臭さ。まったりとした麦の旨みはあるが氷のような舌触りの蒸留感がノドまで進む。アルコール感は薄くバランスも悪く無いのでスーッと飲み進められる。

【追記】クラフトビールブーム以前は「私には、ビールです。」のキャッチコピーの通りに飲んでた記憶がありますが、今改めて飲んでみると明らかに第三のビールですね。

さすがにリキュールっぽい味わいがあるものの、そこまで味のバランスが破綻しているとも思いませんでしたし、それなりに飲むことができました。
正直なところ、たまーに、飲みきれないものもあったりするのですが、この麦とホップはきちんと最後まで美味しく飲むことができました。


さて、公式ホームページでは、

リッチゴールド麦芽と ゴールデンアロマホップをさらに際立たせる「ザ・ゴールド熟成製法」を新採用。厳選された素材由来の「コク」がさらに楽しめるようになりました。
磨かれてさらに輝く、「麦とホップ The gold」 ならではの「コク」をお楽しみください。(「公式>サッポロ 麦とホップ The gold」より。)

コク、ですか。
まあ、麦っぽさはありましたね。

また、「ザ・ゴールド熟成製法」とは、

ザ・ゴールド熟成製法(新・長期熟成製法):原材料の発泡酒の製造で採用している製法。当社発泡酒に比べ、熟成期間の基準を3割長く、また、2段階の温度管理を実施。(「公式>「麦とホップ The gold」「麦とホップ<黒>」リニューアル発売」より。)

「原材料の発泡酒」?
「当社発泡酒に比べ、熟成期間の基準を3割長く」と言われても、元の期間がどれくらいなのか……。

今回はあまり深く触れないでおこうかと思いました…。



【公式ホームページ】サッポロビール

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD