Instagram

2014年4月12日土曜日

Yeastie Boys「Pot Kettle Black 'Hoppy Porter'」(イースティボーイズ「ポットケトルブラック/ホッピーポーター」)[2014.01.12]

【1st review in twitter】香りはすごくホッピー。深めのローストで焦げ付き感の強い。後味に残る軽く苦いポップの香りが楽しい。

【追記】思ったよりも飲みやすいポーターでしたが、「黒系のびーるなのにホップが香るってwww」なギャップ萌えを楽しめました。

さて、公式ホームページでは、
「Pot Kettle Black is our multi-award winning 'Black IPA' (that some call a 'Hoppy Porter'). The different names convey the fact that this beer is a contradiction of styles: fresh and hoppy, yet dark and rich. Most importantly it is mindbendingly delicious and a complete original. Like all Yeastie Boys beer is is painstakingly crafted by people who love beer., then conditioned to optimum ripeness, before making its way into a bottle and then to your hands. Now take the next step and enjoy with thoughtful consideration.

More about the beer
Winter 2009 sees the return of Yeastie Boys much loved debut beer - New Zealand's original 'Black IPA'. This year's vintage is built upon the same malt base as the original but has fired up the 'chocolate and orange character' with more NZ Cascade hops and a zesty fistful (or 10) of imported Styrian Goldings. At 6.0%abv and 50ibu it is rich, hoppy and way too drinkable.」(「公式>Pot Kettle Black」より。)

「ポットケトルブラック「ブラックIPA」を受賞し、当社の賞である(つまり、いくつかのコール「ホッピーポーター」)。新鮮でホッピー、まだ暗いと豊かな:別の名は、このビールは、スタイルの矛盾であるという事実を伝える。最も重要なこと、それはmindbendinglyおいしいと完全オリジナルです。すべてYeastieボーイズビールは苦労して、ビールを愛する人々によって作られているよう。、そしてボトルにその方法を作った後、あなたの手にする前に、最適な熟度に調整。今、次のステップを取ると思慮深い配慮とお楽しみください。

ビールの詳細
ニュージーランドの元の「ブラックIPA' - 冬2009 Yeastieボーイズの戻り愛さデビュービールを見ている。今年のヴィンテージは、オリジナルと同じ麦芽ベースの上に構築されていますが、インポートされたシュタイアーマルクゴールディングスのよりNZカスケードと'チョコレートとオレンジの文字'ホップとピリッ握り(または10)を解雇しました。 6.0%のアルコール度数で、それを、ホッピーとあまりにも飲める豊富です50ibu。」[Google翻訳]


「 The different names convey the fact that this beer is a contradiction of styles: fresh and hoppy, yet dark and rich.」のあたりが意訳すれば「ギャップ萌え」ですねえ。(無理矢理)

ポーターなのにホッピーとか、いわゆるビアスタイルの定義の枠に捕われない感じがステキですね。


【公式ホームページ】Yeastie Boys

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD