Instagram

2016年3月15日火曜日

Harboe「Bear Beer : Lite」(ハーボー「ベアー・ビアー:ライト」)〔缶〕[2015.12.20]

【1st review in twitter】ややマッタリとした麦の香り。ヤケにスッキリとしたクリアな印象は強いがしっかりとした麦の殻っぽい苦味が特徴的。ゴクゴク飲みつつノドで麦の苦味を感じながら浴びるように飲みたい爽快感あるびーる。

【追記】香りも味も麦の風味が感じられ、「おおう……ドイツっぽい感覚や……」と思いました。

ではあるんですが、「LITE」なのでしゃーない部分があるとは思いますが……、いかんせんパンチの弱さは気になりました。

味の方向性はドイツのピルスナーっぽいし、風味とかもいい感じなのですが、全体的にスッキリしすぎてる印象。
アルコール度数も4.2%と控えめですし、飲みやすいってのもあるんですがね。

とか思ってましたが、そこは500ml。
スイスイと1本飲み終わったらいい感じにホロ酔い具合にw

うーむ。
これはこれで絶妙のバランスなのかな??

さて、公式ホームページでは、

Bear Beer Lite Lager 4.2%
Light, sweet and refreshing - that is our Bear Beer 4.2%. Light and full aroma, the best of both worlds. At first this beer impresses by its deep golden colour in the glass followed by pure enjoyment with the initial taste and long-lasting smoothness in the finish. World-class lite lager beer.
(「公式>Bear Beer Lite Lager」より。)

ベアビールライトラガー4.2%
ライト甘くさわやか - それが私たちのベアビール4.2%です。光と完全な香り、両方の長所。最初にこのビールは仕上げの最初の味と長期的な滑らかさと純粋な楽しみが続くガラスで深い黄金色で印象的です。ワールドクラスのライトラガービール。[Google翻訳]

確かに注いだ時の色の印象は「やけにキラキラしてるなー」と思いました。

しかし、例えライトラガーだとしても500mlを全く飲み飽きる事無く完飲してしまうことってあまり無い気がします。
大概は途中で「ちょっと飽きて来たかなー?」って場面が出てくる事が多いのですが。
特に家飲みの場合は、ね。

そして(先ほども書きましたが)4.2%という比較的軽めのアルコール度数。
これもまた絶妙です。

正直なところ、びーるマニアな方々には物足りないであろうこのびーるですが、なかなかどうして、びーる市場においては結構な伏兵かもしれません。何よりお値段もお安いですしね。





【公式ホームページ】Harboe


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD