Instagram

2014年6月15日日曜日

Liefmans Goudenband(リーフマンス「ハウデンバンド」)〔瓶〕[2014.02.02]


【1st review in twitter】貯蔵感のあるブランデーのような味わい。若く爽やかなシェリー酒のようにリッチな味わいでゆっくり味わいながら飲みたい。

【追記】アルコール度数も高く、味わいの深いタイプですね。

さて、公式ホームページでは、

「Liefmans Goudenband is one of the most distinctive dark beers in the world. Originally called IJzerenband (Iron Band) – a reference to the iron bands around the beer barrels – the bottle gained its champagne cork when it was renamed Liefmans Goudenband (Gold Band). Made in open vats with beer of mixed fermentation, it is left to mature for four to 12 months in the cellar. Mature beer is then fortified with younger beer, so the fermentation process starts up again.
Liefmans Goudenband is a beer for storing, and just keeps improving over the years like a fine wine. Even after ten years, this dark red beer tastes as fresh as ever. You’ll immediately pick up on the wonderful aromas of caramel, apple, rhubarb, cherries and malt. On the taste buds you will find hints of apple and cherries, combined with woody notes, while the aftertaste hints at nuts and dried raisins. The mildly acidic taste make this beer a perfect match for blue cheese.」(「公式>Goudenband」より。)


「Liefmans Goudenbandは、世界で最も特徴的な濃いビールの一つです。もともと呼ばIJzerenband(アイアン·バンド) - ビール樽の周りに鉄のバンドへの参照が - それはLiefmans Goudenband(ゴールドバンド)と改名された際に、ボトルはシャンパンのコルクを獲得しました。混合発酵のビールとのオープンタンクで作られて、それはセラーで4〜12ヶ月熟成させておく。成熟したビールは、その後、若いビールで強化ので、発酵プロセスが再び起動されます。
Liefmans Goudenband収納にビールであり、まさに高級ワインのように年間で改善し続けている。でも、10年後に、この暗赤色のビールはこれまでと同じように新鮮な味がします。あなたはすぐにキャラメル、リンゴ、ルバーブ、チェリーやモルトの素晴らしい香りに買ってくる。味蕾には、ウッディノートと組み合わせアップルとチェリーのヒントが見つかりますながら後味ナットでのヒントと乾燥させたレーズン。弱酸性の味が、このビールにブルーチーズのために完璧にマッチします。」[Google翻訳]

これもやはり熟成させているびーるでしたね。
この深みのある味わいはクセになりそうですが、フレッシュなうちに飲んだらもったいないものなのでしょうか?

おそらく熟成を前提として造るんだとは思いますが、どことなく「びーるは出来立てが美味い!」みたいな感覚もあるのも事実。
いやまー、寝かしてても(寝かしてるからこそ?)美味いですし、むずがゆいところですけどね。






【公式ホームページ】Liefmans


【この他の感想】
宙(無国籍酒場)×大月酒店(ベルギービール)=大人のベルギービール会

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD