Instagram

2015年10月21日水曜日

京都醸造「一期一会」(Kyoto Brewing「Ichigo Ichie」)[2015.08.09]
【1st review in twitter】華やかなホップの青臭い香り。飲み口もホッピーでセゾンならではの胡椒っぽい香辛料のザラつきもある。のどの手前でキュッと締まるような感覚もあり程よい緊張感。夏の暑さに清涼を与えてくれそうなやさしくスッキリした味わい。

【追記】このびーるを飲んだ日も30度越えの夏日でスッキリ目のびーるを飲みたい陽気でした。

セゾンということで、香辛料っぽさは予想していましたが、そこまでのクセは感じませんでした。
やや控えめの酵母感でしたが、ホップの印象が強く、程よいバランスが形成されていたんじゃないかと思います。

酸味……というのが正しいかはわかりませんが、ノドで味わうように飲むと、入り口あたりでノドがキュッと閉まるような感覚があり、どちらかと言うとゆっくりまったり飲みたい感じのびーるでした。

さて、公式ホームページでは、

誰もがしている「一期一会」。出会いの大切さの意味もあるけど、特に茶道においては「すべての機会は一生に一度しかないので、ベストを尽くせ」という意味もあるそうだ。これは弊社のビール作りに対する考え方とよく合致すると思って、醸造のすべての段階にベストを尽くすようにしている。 
このビールはベルギーに由来する「セゾン」というスタイルをイメージに作ったもので、ベルギー酵母とアメリカ・ニュージーランド産ホップのアロマの組み合わせに重視したもの。セゾンというのは、昔のベルギーの農場で労働者の喉を潤すために作ったのは始まりだそうだ。弊社には農場も労働者もいないけど、「一期一会」の複雑な香りとドライな口当たりは定番シリーズにピッタリだと思う。
(「公式>一期一会」より。)


「ベルギー酵母とアメリカ・ニュージーランド産ホップのアロマの組み合わせに重視したもの。」ですね。やはりホップを重要視されていたようです。

定番商品ということなので、ビアバー等で出会う機会があると思います。
一期一会の機会としてじっくり味わってみるのがいいかもしれません。

モルト:
Pilsner Malt, Malted Wheat
ホップ:
Merkur, Cascade, Pacific Jade
酵母:
Belgian Ardennes
ABV:
5.9%
IBU:
35
ガスボリューム (炭酸ガス含有量):
2.5  


【公式ホームページ】京都醸造

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD