Instagram

2016年5月23日月曜日

アサヒビール「ヴィクトリーロード」(Asahi Beer「Victory Road」)〔缶〕[2016.05.19]

【1st review in twitter】少しの酸味とトウモロコシっぽい香り。前歯の裏側にのみ苦みを感じ舌には不思議と味を感じないほどにサラサラ。クセは無くぱらっと飲めるびーる。

【追記】全体的にさらさらとした飲み口で、クセの無いのが特徴的なびーるでした。
「味わう」という意味では圧倒的に物足りなく、びーるマニアの方々には物足りないかもしれませんが、これはこれでクセになるかもしれないです。

正直、最初の感想は「薄っ」でしたが、飲み続けているうちにいい感じになってきたのも事実。
気軽に飲むという意味では向いている一杯かもしれないです。

さて、公式ホームページでは、

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、リオデジャネイロ2016オリンピック日本代表選手団応援商品『アサヒ ヴィクトリーロード(VICTORY ROAD)』を、4月26日(火)より全国で新発売します。
 『アサヒ ヴィクトリーロード(VICTORY ROAD)』は、ブラジルでよく飲まれる軽快なボディで苦みが控えめの味わいのビールを参考にし、5種のホップを使用した爽快で華やかなのどごしの新ジャンルです。リオデジャネイロ2016オリンピックへの出場権獲得争いが佳境を迎え、リオ2016大会へ向けた関心と期待が高まる時期に、「勝利の道」を進む日本代表選手団を応援します。
 缶体パッケージは、白を基調としたデザインで、ブラジルを想起するカラーや、観客のシルエットと5色の紙ふぶきをあしらいました。Asahiロゴと、「がんばれ!ニッポン!」「リオデジャネイロ2016オリンピック日本代表選手団応援商品」という文言で、アサヒビールの日本代表選手団応援商品であることを訴求しています。
 アサヒビール(株)はビールメーカーで唯一の「東京2020ゴールドパートナー※(ビール&ワイン)」です。2020年の東京2020大会に向けて、日本の皆様に勇気と元気をお届けする、様々なプロモーションを実施していきます。
※公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するマーケティングの中核となる東京2020スポンサーシッププログラムにおける最高水準のパートナーと位置付けられており、大会運営や日本代表選手団のサポート、オリンピック・パラリンピックムーブメントの推進や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げに積極的に参加する企業です。
(「公式>~リオデジャネイロ2016オリンピック 日本代表選手団応援商品~ 『アサヒ ヴィクトリーロード(VICTORY ROAD)』 4月26日(火)発売!!」より。)


「ブラジルでよく飲まれる軽快なボディで苦みが控えめの味わいのビールを参考にし、5種のホップを使用した爽快で華やかなのどごしの新ジャンルです。」
おおう……、ブラジルのスタイルですか……。飲んだことないや……。

ブラジルもクラフトビールブームだとか風の噂で聞いた記憶がありますが、なかなか飲む機会に恵まれません……。

もしかするとブラジルびーるファンの方々にはストライクな一杯なのかもしれないですね。


商品名 アサヒ ヴィクトリーロード(VICTORY ROAD)
品目 リキュール(発泡性)①
原材料 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)
発売品種 缶350ml、缶500ml
アルコール分 5%
発売日 2016年4月26日(火)
※完全予約受注制
販売目標 25万箱
製造工場 博多工場、名古屋工場 




【公式ホームページ】アサヒビール



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD