2016年1月13日水曜日

伊豆の国ビール「ピルスナー」(Izu no Kuni Beer「Pilsner」)〔缶〕[2016.01.10]

【1st review in twitter】鼻をスッキリ通るやや酸味ある麦の殻の香り。ノドの上側に当たるような麦の酸味と、舌にじんわり染み込む抹茶のように粉っぽい苦味。苦味がやや強めだが慣れればスッと飲める。麦の味わい幅を楽しむびーる。

【追記】若干粉っぽさが伴う、ちょっと「ツーン」と感じるようなキーの高い麦の香りと、キーの低い麦とホップのどっしりとした苦さが特徴的なびーるでした。

麦の様々な味わいが楽しめるびーるではあるのですが、「ビールは苦いから苦手><。」って人には、飲みづらいびーるかもしれないですね。

ピルスナーとゆーと「スッキリ飲みやすい。」が代名詞みたいなところもありますが、このびーるは苦みが最大の特徴で、「インディアペールピルスナー(IPP)?」みたいに感じられなくもないかと。

さて、公式ホームページでは、
まず定番メニューのピルスナーは、チェコ産の「ザーツホップ」をふんだんに使用し、少量を発酵後期に投入する、ドライホッピング製法を採用しております。より香りを重視し、ラガー系ビールではなかなか類を見ない製法です。
(「公式>ビール紹介」より。)

最初から最後まで感じた特徴的な香りはザーツホップだったんですかね?
他の「ザーツホップ」なピルスナーに感じるような香りよりも麦っぽさが勝っているようにも感じましたが。

「飲みやすいピルスナーは飲み飽きたんだぜ?」って方は一度試す価値のあるびーるかもしれないです。




【公式ホームページ】伊豆の国ビール


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD