2013年12月5日木曜日

SAPPORO BEER「富良野の秋」〔缶〕[2013.10.11]

【1st review in twitter】香りはホップと言うより穀物?味はヘレスっぽい?少し粘度のある舌触り。薄くチーズを思わせる?後味は軽くホップを感じる。


【追記】大手びーる会社さんの秋の限定びーるですね。
幻のホップということでホッピーなびーるを期待したのですが、それほどホップを感じ取ることはできませんでした。
むしろ長期熟成の方が味として印象にあり、少し粘度を感じる…いわばドロッとしたニュアンスがあったかなー、と。


さて、公式ホームページでは、
サッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ 富良野の秋-まろやかリッチ-」を2013年8月21日(水)に数量限定発売します。 
この商品は、当社で開発したオリジナル品種のホップ「フラノベータ」を使用しています。このフラノベータは、世界でたった1軒の農家が上富良野で栽培している幻のホップで、苦味成分が少ないことによるマイルドな味わいと豊かな香りが特長です。 
そして、プレミアムビールに用いられる長期熟成製法(注1)を採用することで、秋の夜長にふさわしいまろやかでコクのあるリッチな味わいを実現しました。 今しか飲めない、幻の美味しさ「サッポロ 富良野の秋-まろやかリッチ-」を是非お楽しみください。 
(注1)原材料の発泡酒の製造で採用している製法。当社発泡酒に比べ、熟成期間の基準を3割長くしています。」(「公式>「サッポロ 富良野の秋-まろやかリッチ-」数量限定発売」より。)


ヘレスっぽく感じたのはこの長期熟成製法からっぽいですね。
そしてホップはフラノベータとゆーんですね。

リッチという表現は、びーるの世界ではちょっと曖昧な部分もあり、「リッチボディ」といった「口当たりの重さ・濃厚さ」の話なのか、「贅沢」の意味なのか一瞬迷うこともあります。この場合は後者でしょうね。

こーゆータイプのびーるを大手さんが出すのは珍しいと思いますので、そーゆー意味でもリッチ(レア)なびーるだったかもしれませんね。


【公式ホームページ】サッポロビール

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD