Instagram

2017年4月16日日曜日

サッポロビール「サッポロ プラス」(Sapporo Beer「Sapporo +」)〔缶〕[2017.04.16]

【1st review in twitter】蜂蜜やカンロ飴のような甘い香り。すうっと口に入ってくる濃厚な甘さ。何度か口にし慣れてくると感じられるようになるモルトの風味とホップのほろ苦さ。麦汁っぽさの甘みが強くミードのようにも。

【追記】はじめに香ってみて、冷蔵庫から出したばかりなのに濃厚なハチミツのような甘さにびっくりしました。

「まさか、ね?」と思いつつ口に含んでみると「あっまwww」と声に出してしまうほどの甘さでまたびっくり。
思わず手に取り直した缶にも「甘味料(アセスルファムK)」とありますし、「大豆ペプチド」など重厚な味を形成しそうな原材料名が並んでいました。

ま、この辺の具体的な感想は後ほど書くとして、この甘さを認識して、ある程度飲み慣れてくるとモルトとホップの味わいに気づく訳ですが、びーるの代用品として受け入れるにはちょっと難しいかも?
びーるマニア的には「ミード」(ハチミツのお酒)と言われて飲んだらうっかり騙される可能性も?

さて、公式ホームページでは、

 サッポロビール(株)は、ノンアルコールビールテイスト飲料(以下ノンアル飲料)「SAPPORO+(サッポロプラス)」の中味及びパッケージを、2016年11月29日よりリニューアルします。
 この商品は、昨年5月に史上初(注1)のトクホのノンアル飲料として発売し、トクホという明確な位置づけと、どんな料理とも相性抜群の味わいがお客様にご好評をいただいております。
 今回のリニューアルでは、「糖の吸収をおだやかにする」という保健機能と「プリン体0(注2)」「カロリー0(注3)」「アルコール0.00%」「糖類0(注3)」といった4つのゼロはそのままに、酸味を低減し飲みごたえをアップすることで、よりビールに近い味わいを実現。食事と一緒に楽しめるノンアル飲料らしいスッキリ爽やかな味わいに磨きをかけました。
 当社はこれからもトクホのノンアルSAPPORO+を多くのお客様にお試しいただき、より楽しく豊かな食卓になるよう応援します。

(注1)特定保健用食品史上初
(注2)100mlあたりプリン体0.5mg未満をプリン体0としています。
(注3)食品表示基準による
(「公式>「SAPPORO+(サッポロ プラス)」リニューアル ~史上初トクホのノンアル飲料が、よりビールに近い味わいを実現!~」より。)


味については「酸味を低減し飲みごたえをアップすることで、よりビールに近い味わいを実現。」てなとこでしょうか。

比較はできませんが、酸味はそれほど感じませんでした。

いわゆるビールテイスト飲料の場合、「お茶・紅茶」と比較されることがありますが、このびーるもレモンティのような味わいでもあります。
そして飲み慣れ・温度上昇してくるとモルトとホップのテイストが浮上してくるようにも。

ただ、全体的には終始「甘い」という印象からは逃れられず、やはりびーる(の代用品)として飲み続けるのは抵抗があるかな、と。

 個人的にはもう少しシンプルな味わいに向かっていただけるとギザウレシス。

 商品名 SAPPORO+(サッポロ プラス)
 パッケージ 350ml缶
 品目 炭酸飲料
 原材料 難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、酸味料、苦味料、カラメル色素、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
 発売日・地域 2016年11月29日・全国
 価格 オープン価格
 中味特長 食事と一緒に楽しめる、スッキリ爽やかな味わい
 許可表示 食物繊維(難消化性デキストリン)の働きにより、糖の吸収を
おだやかにするので食後の血糖値が気になる方に適しています。 





【公式ホームページ】サッポロビール


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD