2017年4月25日火曜日

オリオンビール「麦職人」(Orion Beer「Mugi Shokunin」)〔缶〕[2017.04.09]

【1st review in twitter】麦のマイルドな滑らかで優しい香り。舌にも滑らかで心なしか舌触りがふわふわするような感覚。ピリッとしてモルトの味わいも程よくあり何故かほのかな花の蜜のような甘さも。柔らかな食感と麦のピリッと芯の通った味わいが感じられるびーる。

【追記】麦の藁と殻と糠っぽさが柔らかく優しい香りとなってほのかに鼻に届きます。

口当たりも香りの印象通りに柔らかく、花の蜜というか、パイナップルっぽいというか、不思議な甘さを感じてしまっていました。

びーるの味わい、モルトの部分もしっかりとあるのですが、とても優しく、例えるなら「美味しい水割り(ウイスキー)」のような優しさ。
びーるなので程よい炭酸感もあるので知らず知らずクイッと飲んでしまいます。

さて、公式ホームページでは、
 オリオンビール株式会社では、オリオン麦職人をブラッシュアップして、新麦職人を発売させて頂くこととなりましたので、ご案内申し上げます。
「オリオン麦職人」は、2004年の発売以来、発泡酒定番ブランドとしてお客様より高い評価を頂いております。 この度、お客様の更なるニーズにお答えすべく、味・パッケージをブラッシュアップして、新登場させて頂くこととなりました。 新麦職人は、ホップの添加方法を見直すことにより、キレ感を高めることで、ご好評頂いておりますスッキリとした飲みやすさを更に進化させ、よりお客様にご満足頂けるテイストにブラッシュアップ致しました。
パッケージにつきましては、グリーンとゴールドをキーカラーに、新緑の麦穂のデザイン、瑞々しいライトブルーを使用して、 「キレ、スッキリ感」を表現しております。
また、CMについては、引き続き、アルベルト城間氏、大田守邦氏、島袋寛之氏を起用し、これまでの麦職人のもつ楽しさ感、音楽、麦職人を楽しむ仲間との美味しい時間を演出しています。
オリオンビール株式会社は、これからもお客様に商品やサービスを通じて、更なる満足度を高めていくことができるよう邁進していく所存でございますので、これからもご支援のほどよろしくお願いいたします。
(「公式>MUGI SHOKUNIN - 新・オリオン麦職人―スッキリとした飲みやすさと、爽快なうまさ―」より。)

「キレ感を高めることで、ご好評頂いておりますスッキリとした飲みやすさを更に進化」と。
確かにキレがありますねー。
まあ、「キレ」というと、ヤケにピリピリしてたり、苦味が強かったりする傾向もある気がしますが、このびーるのキレはベクトルが違うかもしれないですね。

商品名 オリオン麦職人【発泡酒】※麦芽使用率25%未満
缶350ml・6缶パック×4、缶500ml・6缶パック×4
12本化粧箱、樽20L、樽10L
製造日 2013年8月下旬製造分より順次切替
発売地域 沖縄県全域及び奄美地区
アルコール分 5.5%
販売価格 希望小売価格は設定しておりません。
原材料 麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ、糖類 

飲みやすい甘さは、「コーン、スターチ、糖類」あたりだったかもですね。

ちなみに、2016年10月発表で、ラベルも中身もさらにリニューアルしているようですね。
近いうちにリニューアル版も飲んでみたいです。






【公式ホームページ】オリオンビール


        

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD