Instagram

2016年10月15日土曜日

Anglo Japanese Brewing(AJB Co.)「野沢サマーエール」(アングロジャパニーズブリューイング「Nozawa Summer Ale」)[2016.08.31]

【1st review in twitter】さわやかで青くもフルーティなホップの香り。ホップの苦みもサラリと白ワインのような風味でスルッと流れ込む。舌にじわっと麦の殻っぽい苦みも残りびーるとして馴染む一杯。

【追記】香りはとても立っていて、フルーティな青いホップ感。これはネルソンソーヴィンかな?白ぶどうっぽい爽やかさもあります。

飲むとガツンではなく、スッキリ。
サマーエールという名前だけのことはあり、夏場の暑さを忘れさせてくれるような軽い喉越しでした。

味わいの幅が広く、リッチな印象が強かったので、ごくごく飲み干すのがちょっともったいなく、ちびちびと飲んでたつもりでしたが、暑さなのか美味しさなのか、早いテンポで飲み干してしまいました。

さて、公式ホームページでは、掲載がありませんでした。

飲んでいる最中、Anglo Japanese Brewingにピンときていなかったのですが、「AJB Co.」のロゴと、直営のタップルーム「LIBUSHI 里武士」と聞いて納得しました。

その解説として、東京・三軒茶屋のPigalle(ピガール)さんのblogでは、

このビールを造るトム・リブシーさんは長野県野沢温泉でクラフトビールを造るイギリス人です。いまクラフトビールファンを魅了して止まない醸造所のひとつ。(「プロフィールブログピグの部屋 European Beer Pub Pigalle>2016-08-12 14:13:36 beer| Nozawa Summer Ale 野沢サマーエール」より。)

ボクの周りのクラフトビールマニアの何人かは現地まで赴いていらっしゃるようですが、僕はまだ行けていません。
近いうちにお邪魔したいですね。


【公式ホームページ】AJB Co.

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD