2016年8月25日木曜日

アサヒビール「クリアアサヒ 秋の琥珀」(Asahi Beer「Clear Asahi Aki no Kohaku」)〔缶〕[2016.08.25]

【1st review in twitter】ロースト感のある綿あめっぽい甘い香り。スルッと流れ込む液体は舌の上で瞬時に麦の殻の苦みに変わり再び透明になり喉を抜ける。麦の苦みはしばらく口の中にチクチクと残り痺れとなる。軽快に飲み抜けて麦の苦みを知るびーる

【追記】香りはロースト感のある麦。
ひとくち含むと口当たりの印象はするっと滑らか。
液体が舌の広い部分に当たると、急に麦の殻っぽい苦味が牙を剥きます。
そこから喉に差し掛かる頃に再び滑らかな透明度の高い液体へと変化。

後味のフレーバーは、クリアアサヒっぽい、海洋深層水とゆーか昆布っぽいニュアンスも感じられます。

とまー、なんとも掴みどころのない……表現しづらいびーるでした。

さて、公式ホームページでは、

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、「クリアアサヒ」ブランドから、香ばしいコクがありながらクリアな後味が特長の秋限定の新ジャンル『クリアアサヒ 秋の琥珀』を、8月18日(火)より全国で新発売します。
 『クリアアサヒ 秋の琥珀』は、4種の麦芽と7種のホップを組み合わせ、香ばしいロースト香、コクのある味わい、飲みごたえを実現するとともに、「クリアアサヒ」ブランドの特長であるクリアな後味に仕上げた、秋の味覚に合う秋限定の新ジャンルです。
 缶体パッケージは「クリアアサヒ」ブランドのデザインをベースに、紅葉をイメージしたデザインと色合いで、秋限定商品であることを分かりやすく表しました。また、“4種の麦芽&7種のホップ”“琥珀色の深い味わい”といった商品特長を記載することで、原材料と季節感にこだわった商品であることを訴求しています。
 「クリアアサヒ」ブランドは、2008年の発売以来爽快な飲みごたえとクリアな後味が好評をいただき、販売数量を年々拡大しています。2013年3月に『クリアアサヒ プライムリッチ』、2015年3月に『クリアアサヒ 糖質0』を発売し、本年1~6月累計の「クリアアサヒ」ブランド合計の販売数量は、前年比108.5%となる1,499万箱※となりました。『クリアアサヒ 秋の琥珀』の発売を通して広告や売場作りを連動させたトータルマーケティングを強化し、さらなるブランドの強化を図ります。
※:1箱は大瓶633ml×20本で換算。以下同様。
(「公式>「クリアアサヒ」ブランドから秋限定の新ジャンル 『クリアアサヒ 秋の琥珀』 8月18日(火)新発売!」より。)

「4種の麦芽と7種のホップを組み合わせ、香ばしいロースト香、コクのある味わい、飲みごたえを実現」

んー。後味の中にホップっぽい青臭さを感じることは確かに出来るんですが、7種のホップが活かされているかと問われるとどうなんでしょう?(そもそも7種のホップを感じ分けるほどの舌は持ち合わせていないんですけど)

貧乏舌的にはモルティさを味わうのが吉かもです。
秋の夜長のちょっとした合間に似合うびーるかもしれません。


商品名 クリアアサヒ 秋の琥珀
品目 リキュール(発泡性)①
原材料 発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)
発売品種 缶350ml、缶500ml
アルコール分 6%
発売日 2015年8月18日(火)
※9月末までを予定、但し予定数量出荷次第終了
販売目標 40万箱
製造工場 北海道工場、神奈川工場、博多工場
発売地区 全国





【公式ホームページ】アサヒビール

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD