Instagram

2017年1月20日金曜日

平和クラフト「ペールエール」(Heiwa Craft「Pale Ale」)[2017.01.14]

【1st review in twitter】ミントっぽいホップの青い香り。アメリカンな青いホップの風味が強く味わいは紅茶的な苦みで舌にしっとり。飲み口は優しく滑らかでスイスイと飲み進み後味も爽快。飲みやすさと満足感を感じる風味で後味もスッキリ。

【追記】東京ドームで行われていた「ふるさと祭り」でいただいた一杯でした。
会場は食べ物の香りがどこからともなく漂っていたので、正直なところ香りを嗅ぐのは難しかったのですが、これは比較的しっかり感じ取れるくらい鮮烈なホップを感じ取れたのではないかと思います。

全体的にアメリカンなテイストで、ホップがしっかりとした印象だったのですが、IPAということではないので、苦味が気になることもなく、上品にも感じられました。

平和酒造さんという日本酒も造られているメーカーさんのようで、飲んだ印象もどことなくスッキリしたキレのいい純米酒のようでもありました。

何よりも安心感というか、安定感みたいなものが感じられとても飲みやすかったです。これが満足感につながった部分でしょうかね。


さて、公式ホームページでは、掲載が見当たりませんでした。
Webを彷徨っていると、「酒専門店 鍵や」さんの中に解説がありました、

平和クラフト PALE ALE(ペールエール)
オーソドックスなモルト・ホップ・イーストを使用しました王道的なペールエールです。
ボディと爽やかなホップの風味もあわせながら、落ち着いて飲める一本になっています。
飲まれるときはしっかりと冷やして、肉料理やアメリカンフードなどに合わせていただくと、より楽しめると思います。
ラベルは平和の象徴である鳩をイメージしました。 
品目:ビール
原材料:麦芽・ホップ
アルコール度数:5%
(「鍵や>平和クラフトビール・ペールエール・ホワイトエール(平和酒造)」より。)

王道的なペールエールというと、イングリッシュなモルティな味わいを連想してしまうボクですが、次回はじっくりと味わい直してみる必要があるかもですね。

2016年に醸造開始されたばかりだということで、まだ全国各地で飲める機会は少ないかもしれませんが、飲む機会がありましたらぜひ。



【公式ホームページ】
平和酒造株式会社
平和酒造株式会社 鶴梅の梅酒、日本酒「紀土」の蔵元(Facebook)

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD