Instagram

2017年1月22日日曜日

Fourpure Brewing「Shape Sifter West Coast IPA」(フォーピュア・ブリューイング「シェイプシフター・ウェストコーストIPA」)[2016.12.28]

【1st review in twitter】ホップの青い草のような香り。スッキリとしたホップの苦味がスルッとノドに収まり舌にじんわりとした苦みが残るキレイなアメリカンなIPA。苦味は強いが液体の透明感があり嫌味なく飲み続けられる。

【追記】香りはアメリカンIPAらしいホッピーな青い草のような香りがハッキリ。
液体の印象は透明度が高く、すーっと喉の奥まで流れ落ちてくるのですが、そこはアメリカンIPAらしいホップの苦味が舌に溶け込む印象。
苦味の強さはそこまで強くはないですが、いわゆる大手さんのびーると比較すると苦いです。あくまでアメリカンIPAとしてはそこまで苦くないミディアムレベル?みたいな?

抹茶のような粉っぽさや、煮出したような苦味ではなく、「飲んだー、綺麗な液体だなー、でもホップ苦い!」みたいな綺麗なアメリカンIPAですね。教科書的、という表現とはまた違うかな?


さて、公式ホームページでは、
Our West Coast IPA is inspired by our love of hops. Aggressive dry hopping with Citra, Mosaic & Centennial imparts intense flavours and aromas of mango, grapefruit and pineapple.
(「公式>SHAPE SHIFTER WEST COAST IPA 330ML CAN」より。)
私たちの西海岸のIPAは、ホップの愛に触発されています。 シトラ、モザイク&センテニアルでの積極的なドライホッピングはマンゴー、グレープフルーツ、パイナップルなどの激しい香りと香りを与えます。
[Google翻訳]

「ホップ愛」、ですよねー。
うん。まー、真摯に造られた直球のアメリカンIPAであることは間違いないと思います。

ホップヘッド……というよりは、ニガニガ大好きなIPA派の方には少々物足りなさがあるかもしれませんが、安心して飲めるアメリカンIPAですね。


【公式ホームページ】Fourpure Brewing

【蛇足】
醸造所名が「Four Pure」ではなく、「Fourpure」なのが気になって調べてみるとAbout usに解説が載っていました。

Fourpure is a London based family brewery founded in 2013. Beer is our passion and our travels are what inspire us to brew. Our approach to exceptional brewing is all about attention to detail, not cutting corners and innovating yet staying true to the principles of brewing – respecting the four core ingredients used to make beer: grain, yeast, hops and water. This was the inspiration for the name Fourpure.

Fourpureは2013年に設立されたロンドンに本拠を置く家族経営のビール醸造所です。ビールは私たちの情熱であり、旅は私たちが醸造するよう促すものです。 例外的な醸造への私たちのアプローチは、穀物、酵母、ホップ、水など、ビールを作るために使用される4つの主要成分を尊重しながら、醸造の原則に忠実でありながら、 これはFourpureという名前のインスピレーションでした。

なるほど。モルト・ホップ・酵母・水の4つからでしたか。
妙に納得してしまった名前でした。(何でくっつけたのかはわからずじまいでしたがw)

ちなみに商品名の「Shape Sifter」とは「(いろいろな姿に)変身(する妖怪)」といった意味で、缶の絵柄にある、人の乘ったボートを喰らわんとせんばかりの大魚から察するに、カリュブディスとかアスピドケロンあたりがモデルなんですかね?

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD