2016年11月29日火曜日

志賀高原ビール「1t IPA」(Shigkogen Beer「1t IPA」)[2016.11.09]

【1st review in twitter】糖度の高い白ぶどう、もしくはレッドグローブのような甘い香り。ムギムギしい濃ゆい苦みと赤ワインのような渋み。厚いアルコール感も即座に感じるが軽快な口当たりもありテンポよく飲めたりもする。奥歯で麦殻を噛んだような渋苦さが中心だがホップの爽やかさも感じる。

【追記】赤ぶどう……の香りまではクッキリと思い出されたのですが、品種がレッドグローブかどうかは確証がないです。
麦の味わいが深く、フレッシュさから渋さまで幅広いモルトを感じられた気がしました。

そしてやはりやってきたのがアルコールの強さ。
しかしそれでいて飲みやすい口当たり。
これは危険だ……。
そう気付いた時には半分近く飲み終えていました。まんまと。

後味は麦の殻を噛んだような苦味が感じられますが、ちゃんとホップの深みも感じられます。苦いというよりは、割と爽やかにも。


さて、公式ホームページでは、
先日の収穫祭2016のためにつくった新作IPA。
モルトを1トン(以上)つかったので、1t IPA です。
9.5%。
モルトだけじゃなく、ホップもたっぷり。
IBUは、109のつもり。
色は、IPAくらいです。
収穫祭でも、「意外に飲みやすい!」「アブナイ!」との声多数。
本当は、アメリカとかのボディ感の強い、ちょっとオールドスクールな、ごついインペリアル / トリプル IPAをイメージしたんだけど、スペックよりもドライで飲めちゃう感じに仕上がるのが、まあ、ぼくら流なんでしょうか。
ちょっと肌寒くなって、体もあったまるけど、やっぱりガンガンにホップを感じて欲しい一本です!

アルコール度数 : 9.5%
ビアスタイル:インペリアル / トリプル IPA
限定 1900本
(「公式>1t IPA 330ml [商品番号 : 125]」より。)

原材料のモルトを1t使ったから1t IPAなのかー。

「スペックよりもドライで飲めちゃう感じ」てのは間違いないところですねー。
飲みごたえの力強さもありながら飲めちゃうってのは怖いびーるです。

限定でしたので飲めたのはラッキーでしたが、また再仕込みとか期待しちゃいます。


【公式ホームページ】志賀高原ビール(玉村本店)



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD