Instagram

2016年11月24日木曜日

Paulaner「Hefe-Weißbier Dunkel」(パウラナー「ヘーフェヴァイスビア・デュンケル」)[2016.10.29]

【1st review in twitter】麦ローストとバニラのような甘い香り。舌を滑らかにくすぐる感覚が優しくつるりとすべり後味はほんのり焦げ苦い。ヴァイスっぽさと焦げのバランスが絶妙で優しい苦みが華やか。どこかコーラフロートを思わせるスイーツ感もあるびーる。

【追記】ヴァイスということで、やはり小麦の柔らかな甘い香りがするのですが、そこにローストのほんのり苦味のある焦げた香り。

味わいというか、食感も小麦独特の舌のざらざらを埋め尽くして滑らかにするような舌触り。華やかな味わいが素敵。

ローストの苦味は小麦でまぎれるのか、そこまで苦々しさはなく、ほどよいアクセント。
小麦と相まって、どことなくバニラっぽい味わいに。

さて、公式ホームページでは、

A chestnut coloured malt revelation
The unusually high content of finest Munich malt turns this dark version of wheat beer into an intensive taste experience: Light chocolate, cocoa and tropical fruit flavours impress first. Then wheat, malt and sparkling roast aroma. Hefe-Weißbier Dunkel is a muscular beer. Unfiltered, strong and nutty. At the same time, smooth and soft to the taste. A great accompaniment for any meal. And it even convinces many true wine fans. 
We invested devotion, time and many years of experience in this beer. This can be seen and tasted in every detail. This unfiltered Hefe-Weißbier Dunkel delights the eye with its shimmering reddish chestnut colour in the glass. Below the foaming, creamy head roasted malt aroma is combined with banana and caramel notes, followed by the interaction of ripe fruits. Thanks to its muscular structure, it goes perfectly with full-flavoured and richer dishes. True gourmets enjoy it with strong game dishes, mature cheese or Flammkuchen with onions and bacon. Hefe-Weißbier Dunkel is like a good wine, only better…
(「公式>Hefe-Weißbier Dunkel」より。)

栗色の塗料の啓示
ライトチョコレート、ココア、トロピカルフルーツフレーバー最初の感動:最高のミュンヘン麦芽の異常に高い含有量は、集中的な味の経験でに小麦ビールのこの暗いバージョンになります。そして小麦、麦芽と輝くローストの香り。酵母小麦ビールダークは筋肉のビールです。 、フィルタリングされていない強いとナッツ。 Sametimeので、滑らかで、味へのソフト。任意の食事のための素晴らしい伴奏。そして、それも多くの真のワインファンを説得します。 
私たちは、献身、時間とこのビールで長年の経験を投資しました。これは、すべての詳細に見ると味わうことができます。酵母ダークでこのフィルタ処理されていない小麦ビールはグラスで、そのきらめく赤みがかった栗の色で目を楽しませて。発泡の下には、クリーミーヘッドローストモルトの香りは熟した果実の相互作用に続いて、バナナとキャラメルノートと組み合わされます。その筋肉の構造のおかげで、それは完全な風味の料理や豊かなと完璧に行きます。真の美食家は、強力なゲーム料理、玉ねぎ、ベーコンと熟成したチーズやFlammkuchenでそれを楽しみます。酵母小麦ビールダークは良いワイン、唯一のより良いようなものです...
[Google翻訳]

「ライトチョコレート、ココア、トロピカルフルーツ」「バナナとキャラメルノート」と、やけにフルーツな解説が並んでますね。

そして何故に「びーるファン」ではなく「ワインファン」なのか?

ともあれ、このびーるはしっかりとした骨格があってこそのフルーティさが魅力で、軽口なびーるだけを求めると、ちょっと違うのかなーと思います。


【公式ホームページ】Paulaner


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD