Instagram

2016年11月28日月曜日

サントリー「金麦 琥珀のくつろぎ2016」(Suntory「Kinmugi -Kohaku no Kutsurogi 2016」)〔缶〕[2016.11.28]

【1st review in twitter】いちごジャムのようなどことなく甘い焦げたモルトの香り。少しざらりとした舌触りと舌の真ん中をツーっと抜けるアルコール的な冷たい感覚。渋さ・酸味がチクリと刺し色の割に淡白な印象。

【追記】甘さと酸味と焦げた香りが入り混じり、なんともそそりました。

その気持ちのまま口にしてみると、感じたのは冷えた液体の中に、さらに冷たさを感じるような少しトロリとした液体。これが舌の真ん中をトローリと流れるような感覚。
これはたぶんアルコール的なものではないかと。どことなくチクリと酸味痛く、ツーンと鼻から抜ける香り。

舌にはざらりとした感覚が残り、上顎にはちくちくと酸味が残るようでもありました。


さて、公式ホームページでは、

 サントリービール(株)は、新ジャンル「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」を10月18日(火)から全国で期間限定新発売します。
 「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」は、2014年から2年続けて発売し、毎年大変高い評価をいただいています。今回は、醸造工程を見直すことで同商品の特長である“豊かな味わい”と“まろやかな余韻”をよりバランスよく感じられる中味に仕上げました。パッケージは、缶下部に“2016 限定醸造”の文字を金色で堂々と配するとともに、背景を濃赤と黒のグラデーションにすることで、“落ち着きのある上質感”を表現しました。
 なお、9月6日(火)から「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」が589名様に当たる「“琥珀の金麦”先行お届けキャンペーン!」を実施します。
(「公式>「金麦〈琥珀(こはく)のくつろぎ〉」期間限定新発売 ― 寒くなる季節にゆったりくつろぎながら楽しめる“琥珀の金麦”を今年も発売 ―」より。)


「“豊かな味わい”と“まろやかな余韻”をよりバランスよく感じられる中味に仕上げました。」。

んー。あまりまろやかさは感じなかったかなー。
色からは、もう少しローストモルトな感覚を期待したのですが、想像以上にすっきりした味わいな気がします。

無印の金麦ファンにはお馴染みな味わいで安心して飲める味わいかもしれないですね。


【公式ホームページ】サントリー



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD