2016年11月22日火曜日

サッポロビール「黒ラベル 東北ホップ100%」(Sapporo Beer「Kuro Label -Tohoku Hop 100%」)〔缶〕[2016.11.13]

【1st review in twitter】麦のマッタリとバターのような香り。口に入るとマスカットのような爽やかな白ワインのような風味が口内いっぱいに広がる。無印よりもモルトの苦みは薄くホップの爽やかさの味わいが全体的に包み込む。鼻から抜けるホップの香りが楽しいびーる。

【追記】麦の殻っぽい香ばしさよりも、どことなく実を思わせるようなまったりとした香りでしたが、口に含むとホップの白ぶどうを思わせる味わいと香りが充満しました。

黒ラベルがベースになっているとは思うのですが、麦麦しい、昔ながらのびーるを思わせる苦味の効いた味わいの面影は薄く、全体的な印象はホップに支配されていたかなと。

最初に感じたバターのような香りはなんだったのか?と不思議になるほど、最後までホップの印象が強いびーるでした。

さて、公式ホームページでは、
 サッポロビール(株)は、協働契約栽培の東北産ホップを100%使用した「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」を2016年10月18日に東北エリア限定で発売します。
 この商品は、2009年から東北エリア限定で発売し今年で8年目を迎えます。原料のホップは、岩手県、青森県で栽培され、今年収穫したばかりの東北産ホップを100%使用し、華やかな香りをお楽しみいただけます。
 また、本商品の売り上げの一部を、被災地に花を咲かせる「スマイルとうほくプロジェクト」へ寄付します。本プロジェクトは、東北の3つの新聞社(福島民報・河北新報・岩手日報)が手を取り合い、被災地3県に花畑作りやイベントを通して笑顔を広げようというプロジェクトです。
 サッポロビールは、本商品を通じて被災地へ1本でも多くの花を咲かせられるよう取組み、引き続き東北の復興を応援していきます。
(「公式>「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」東北エリア限定発売 ~ 今年収穫したばかりの東北産ホップを100%使用! ~」より。)

東北産ホップ使用という情報以外は、当ブログ的に使える情報が少ないですねー。
ホップの種類は何なんだろう?

しかし、東北ホップシリーズはサッポロさん以外も出していますが、どこかアイスビール的な、マスカット的な味わいが共通項な気がします。

そして東北出身者としてはDNAがくすぐられるような味わいがある気がします。これもまた故郷の味なんですかねー。


【公式ホームページ】サッポロビール


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD