2016年11月9日水曜日

ハーヴェストムーン「シュバルツ」(Harvestmoon「Schwarz」)[2016.10.18]
【1st review in twitter】鼻腔をすっと抜ける優しい麦の焦げた香り。ローストのピリピリとした軽い苦みが舌を刺激するがあまり気にならずスルスルと飲める。ローストのビターチョコのような苦みはやがてどこか甘くも感じるようにも。最後まで軽快に飲み続けられるびーる。

【追記】冷えていた為か香りは「少し焦げっぽいかな?」程度ではありましたが、苦々しい感じではなく、麦の甘みみたいなものを感じられた気がしました。

味わいはやはり焦げ感が主体なのですが、シュヴァルツならではの軽快な飲み心地で、変な癖もなく、するすると飲むことができます。

焦げはビターチョコレートを彷彿とさせるような苦々しさではありますが、そこまで強い苦味ではなく、あまり気にならない程度。
ま、もちろんびーるとしての苦味程度はありますので、無味無臭って訳ではないんですけども。

さて、公式ホームページでは、
ドイツ南東部のビール“シュバルツ”はドイツ語で「黒」という意味。
ブラックコーヒーのような甘みを抑えたスムーズなテイストのこのビールは、その黒い色からは想像できない、苦味と甘みのバランスが取れた飲みやすさが自慢。
(「公式>Style of Beers」より。)

ブラックコーヒーかー。
んー、いまいちピンとこないかも……。

コーヒーに例えるならば、少しコクというか、味の奥行きが不足しているようにも思えます。
いわゆるアメリカン(薄味の)コーヒー的な?

飲みやすいことは間違いないので、黒ビールが苦手だと感じられている方にも飲んでいただきたいびーるですね。



【公式ホームページ】ハーヴェストムーン

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD