Instagram

2016年9月15日木曜日

Victory Brewing「Hop Devil IPA」(ヴィクトリー・ブルーイング「ホップデビルIPA」)[2016.08.24]

【1st review in twitter】深くも爽やかな紅茶のような香りの上にホップの青くフルーティな香り。焦がしたカラメルのような苦みの中の甘さとホップの煮詰めた苦み。そのくせ飲み心地はスッキリとクイッと進む。華やかさと苦みのびーる。

【追記】ホップの苦味が深そうな苦味を期待させる香りで、紅茶のような香りの中にどことなくフルーティな青い香り。

口にすると紅茶っぽい深い苦味とともにホップの苦みもあってダブルで苦い……、そんな感覚でした。
今思い返してみるとアルコール感も伴って、苦味とゆーか、味わい深さに加味されてたような気がします。

味わい深く、苦味深い……。
そうなると飲みづらい印象が強い気がするんですが、意外なほどに飲みやすい。
後味のホップフレーバーの華やかさもこのびーるの飲みやすさの秘密かもしれません。

さて、公式ホームページでは、

このビールにはヴィクトリーを象徴するすべてが集約されています。大量のアメリカ産ホールホップとその野獣のような強さを手なづけ制御するドイツ産の麦芽。これらが、バランス良く、見かけによらず飲みやすいビールを実現させています。余りにバランスが良いので「ホップデビルという威嚇的な名前にしては大人しすぎる」と騙される人もいるでしょう。しかし、ゆっくりと時間をかけて飲んでみてください。奥に隠れていた「デビル(悪魔)」に気付くでしょうから。確かにバランスが良く尖ってはいませんが、仕上げに待っているのは悪魔的なホップのパンチ。ひと口目から素晴らしいのに、パイントを重ねるごとに素晴らしさが増していく - 世界でも数えるほどしかない、そんなビールの1つが「ホップデビル」です。
(「AQベボリューション>ホップデビル」より。)

「バランス良く、見かけによらず飲みやすいビールを実現させています。」ぐぬぬ……。
なんか掌の中で踊らされてる気分になりますねぇ。

今回はハーフパイントだったので「パイントを重ねるごとに素晴らしさが増していく」を体感できませんでした。
しかし、美味しいびーるではありましたので、次回機会があればパイントでグビグビと飲んでみたいと思います。


【公式ホームページ】
Victory Brewing
AQベボリューション

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD