2016年9月20日火曜日

Terminal Gravity Brewing「ESG (Extra Special Golden)」(ターミナルグラビティ「エクストラ・スペシャル・ゴールデン」)[2016.08.26]

【1st review in twitter】ツンと鼻をつく麦っぽい香り。麦の殻っぽい乾いた苦みが舌を舐めホップの青苦い香りと弾け踊る。後味はミントのようなスッキリさを醸し気づくとつるっと喉を流れ落ちている。

【追記】香りは思ったよりも麦っぽくホップは薄め。
飲んでみると麦の殻の苦味がありましたが、ロースト感は少なめで、麦わらっぽさも薄い。
しっかりとした麦の苦味があり、ゴールデンエールっぽさを醸し出していました。

とはいえそこはエクストラ。
ホップの存在感の方が勝っていて、青い香りと麦の存在感が交差している感覚が面白かったです。
後味は、モルトが薄まり、ホップのミントっぽさが中心。

麦→ミックス→ホップ……みたいな流れを一杯で味わえますね。

さて、公式ホームページでは、

Terminal Gravity ESG is an American Golden Ale. Light and refreshing but also complex, with a crispness from flaked rye and a hint of peat smoke. Subtle hops from the Rhine and Yakima river valleys do not overwhelm.
(「公式>ESG」より。)

ターミナル重力ESGは、アメリカのゴールデンエールです。光とさわやかしかしフレーク状ライ麦からサクサクとピートの煙のヒントと、非常に複雑。ライン川とヤキマ渓谷から微妙なホップは圧倒されません。[Google翻訳]

「flaked rye and a hint of peat smoke. 」ライ麦とピートですかー。
もしかしてミントっぽく感じてたのがピート??
複雑な味わいてのは同意ですが、このびーるは前情報があった方が楽しめるタイプのびーるかもですね。

次回飲む機会があればライ麦とピートを楽しみつつ味わってみたいですね。


【公式ホームページ】Terminal Gravity Brewing

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD