2016年9月28日水曜日

いわて蔵ビール「たかたのゆめエール」(Iwate Kura Beer「Takata no Yume Ale」)[2016.09.27]

【1st review in twitter】ツンと鼻をつく酸味ある柚子を加えたお粥のような香り。口に含むと一瞬消えまろやかに甘酒のような甘さが広がる。柚子っぽい酸味ある甘さの風味が後味を彩りふっと消える。上品な本醸造のような感覚のあるびーる。

【追記】メニューの情報から、お米を使ったびーるというのは知っていたのですが、この柚子っぽい香りは柚子なんですかね……?

お粥と表現しましたが、味の方の感想にもあるように甘酒っぽい、まったりとした甘さのある感覚が強かったです。

ふわっとした優しい口当たりが特徴的で、柚子の和の酸味がほどよいアクセントとして飲み進めるのが苦にならない上品さ。本体の米独特の癖があるのでなおさらです。

和の食材を肴に本醸造をちびちびやってる気分にもなりました。


さて、公式ホームページでは、

いわて蔵ビールのたかたのゆめエールは、ホップだけでなく、香辛料も使用しています。ナツメグ・コリアンダーは少量しようすることで、ビールにアクセントとスパイシーさを出してくれます。そして・・・決め手はゆず!日本スタイルのホワイトエールには欠かせません。ゆずは和食の二大香辛料。ゆずの香りと皮の苦みがビールにマッチします。
柑橘系の香りとちょっとフルーツの酸味と苦みを取り入れたビールは、胃を刺激し香りと味で食欲を増進します。また、甘ったるくないビールのため、辛い物、お肉などの料理にも合うビールとして人気です。
ビールと食のマリアージュも楽しめるたかたのゆめビール。 ぜひご自宅でもお楽しみください。
(「公式>陸前高田の復興米「たかたのゆめ」を使用したホワイトエールたかたのゆめビール発売開始」より。)

また、こんな記述もありました。

「たかたのゆめ」とは、お米の名前です。陸前高田の方々が東日本大震災の後、苦労して開発された希望のお米です。今、このお米を使用してビール醸造をおこなっています。 
お米を使用するとマイルドになる!
香辛料や柑橘系の果物を使用すると香りがきつくなることがあります。このたかたのゆめエールは、麦芽の代わりにお米をふんだんに使用することで、マイルドで口当たりの優しいビールに生まれ変わります。おいしいお米だからこそできるビールです。


「おいしいお米だからこそできるビールです。」かー。
確かにお米の味が際立つびーるでしたが、なんてゆーか、ちゃんと飲みやすい飲み物として成立してる感がすごいと思います。

びーる好きな人にも、ちょっと苦手だ、という方にも楽しんでもらえるびーるではないでしょうか。



【公式ホームページ】いわて蔵ビール


0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD