Instagram

2016年6月23日木曜日

Original Sin「Apricot Cider」(オリジナルシン「アプリコットサイダー」)[2016.05.28]

【1st review in twitter】梅っぽい甘酸っぱい香り。スッキリ飲めるが酸味が強くリンゴや梅のような旨味。その核にはアプリコットの種周辺の凝縮された糖分を感じる旨さがあり複雑なハーモニーを形成している。

【追記】香りとしてはサイダーにありがちなやや酸味を感じるシャンパンっぽさがベースにあり、どことなく梅っぽかったです。

飲んでみると、ひとくち目こそ酸っぱさで口を尖らせるような感覚がありますが、酸味自体はそこまで強くなく、むしろ爽やかにゴクゴク飲めちゃうくらい。
炭酸弱めのジンジャーエールみたいな感じでしょうか。

砂糖のような甘ったるさは無いのですが、果物的な甘みはあり、結講短時間で飲み干してしまった気がします。

さて、公式ホームページでは、

“More varied than any landscape was the landscape in the sky, with islands of gold and silver, peninsulas of apricot and rose against a background of many shades of turquoise and azure.”
— Cecil Beaton 
PROCESS & TASTE:
We spent a year testing apricots from sources throughout the country before finding just the right mix for our new cider.  OS apricot features the natural taste and aroma of fresh apricots balanced with acidity and tartness. 
DESCRIPTION:
Apricots originated from China about 4,000 years ago, before finding their say way to Persia and the Mediterranean.  
The Apricot Tree first came to Virginia in 1720, but the popularity truly arrived with the Spanish Missions in California around 1792.
Apricots are also distilled into brandy and liqueur.
(「公式>ORIGINAL SIN APRICOT CIDER」より。)


「任意の風景よりも多様な金と銀、アプリコットの半島の島々で、空の風景だったとターコイズと紺碧の多くの色合いを背景に上昇しました。」
- セシル・ビートン 
PROCESS&TASTE:
私たちは、新しいサイダーにぴったりのミックスを見つける前に全国のソースからのアプリコットをテストする年を過ごしました。 OSのアプリコットは、酸味と酸味とのバランスが新鮮なアプリコットの自然な味と香りが特徴。 
説明:
アプリコットは、ペルシャや地中海への発言の方法を見つける前に、約4000年前に中国から発信しました。
アプリコットツリーは、最初の1720年にバージニア州に来たが、人気は本当に1792年の周りにカリフォルニア州でスペイン語のミッションに到着しました。
アプリコットはまた、ブランデーやリキュールに蒸留します。
[Google翻訳]

正直なところ、アプリコット(杏)と聞いてもピンと来ない部分があるので「梅」との比較になってしまった部分があります。
機会があればちゃんと食べてみたい果物です。




【公式ホームページ】Original Sin

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD