2017年6月27日火曜日

Orion Beer「Draft Extra」(オリオンビール「ドラフトエクストラ」)〔缶〕[2017.06.27]

【1st review in twitter】やや粉っぽい菓子パンのような甘さとほんのりと麦の苦味。上顎にはふわりとした食感がありつつ舌にはピリッと冷たいの苦味がぴたりと張り付く。スーッと飲めるが軽くはなく麦の味わいはしっかり。舌に残る殻のような苦味が飲んだ満足感へ。

【追記】モルトの苦味ももちろんあるのですが、それよりもふわりと鼻をくすぐる粉っぽさ。感想には菓子パンと書きましたが、ガンモドキや酒饅頭が近いかも?てことは、これは発酵臭でしょうかね?
とにかく甘く食欲をそそるような香りです。

飲んでみると、「香り通りの甘さダナー」と思ったのも束の間、舌にはしっかりとした麦の殻のような苦味。
アルコール度数の高さは気になるほど強くもないですが、どっしりとした味わい深さがあり、麦の味わいを堪能できます(酔います)

さて、公式ホームページでは、
 オリオンビール株式会社(代表取締役社長 嘉手苅義男)では、創立60周年を記念して、「オリオン ドラフトエクストラ」を、 本年5月9日(火)から、主に沖縄県内および奄美地区で、数量限定発売することとなりましたのでご案内いたします。 
「オリオン ドラフトエクストラ」は、沖縄の気候や県民の嗜好に合うビールとして60年近く進化を続けた「ドラフトビール」の技術を応用し、飲み口の爽快感は継承しつつ、県産キビ糖を使用する事で弊社ビール史上最高の高発酵醸造により、 突き抜けたキレ感を感じて頂ける味わいに仕上げました。  
パッケージは、ドラフトのデザインを基に鮮やかなゴールドをベース色に採用し、センターに60周年記念ロゴを配置して、限定感をアピールしています。 
CMは、60周年記念CMとセットにしたCMをオンエアーいたします。
オリオンビール株式会社は、これからもお客様に商品やサービスを通じて、更なる満足度を高めていくことができるよう邁進していく所存でございますので、これからもご支援のほどよろしくお願いいたします。
(「公式>数量限定商品『オリオン ドラフトエクストラ』発売 ~60周年の特別醸造~」より。)

「県産キビ糖を使用」だと?
香りから感じていた甘さは、まさか直球でキビ糖なのでしょうか?
発酵に結びつくには糖が必要ですが、直球にせよ、過発酵にせよ、何かしらの関連性があるかもですね。

「突き抜けたキレ感」も確かにありますね。
液体は口の中からスッと消える、という意味でのキレ感はありますが、後に残る苦味やアルコール感がしっかりあるので、その点では評価は分かれるかも。

いわゆるドライな面もありそうですが、個人的にはバランス感とまろやかさがこのびーるの真価ではないかと思います。

商品名 オリオン ドラフトエクストラ 【ビール】
発売日 2017年5月9日(火)
販売数量 約12,000ケース(350ml缶換算288,000本)を予定
発売地域 主に沖縄県内及び奄美群島地区
アルコール分 5.5%
販売価格 希望小売価格は設定しておりません
原材料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類(砂糖(キビ糖))







【公式ホームページ】オリオンビール



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD