Instagram

2017年3月14日火曜日

Revival Brewing「You Thirsty? IPA (New England IPA)」(リバイバルブリューイング「ユー・サースティIPA」)[2017.03.04]

【1st review in twitter】オレンジの皮と実の混ざり合ったような甘い香り。口当たりはスッキリとも言えるがホップの軽い苦味と骨太な味わいが鮮烈。華やかでフルーティな風味が全体の印象を占め果実酒のように飲み進められるびーる。

【追記】ホップ由来と思われるオレンジを感じさせる濃ゆい。
味わいの濃さがあり、飲んでいて満足で満たされるのですが、残るようなしつこさみたいなものが薄く切れが良いのでスーッと喉を通り抜けてしまいます。

しっかりした骨格があるので、フルーツワインみたいにも飲める気がしました。

さて、公式ホームページでは、
This brew is our entry into the new era of New England IPAs. Unfiltered, with tons of flaked barley, we’ve added 3 times the Citra, Galaxy, Mosaic, and Azacca hops at flame-out and then dry-hopped it 3 times on top. Is this juicy? Yes. Is there mouthfeel? Yes. Is this overkill? Probably, it’s Revival.
(「公式>You Thirsty? IPA」より。)
この醸造は、ニューイングランドのIPAの新しい時代への参入です。 フィルタリングされておらず、大量のフレーク状の大麦が含まれていますが、Citra、Galaxy、Mosaic、Azaccaホップを3回追加し、3回上に乾かしました。 これはジューシーですか? はい。 口あたりはありますか? はい。 これは過剰ですか? おそらく、それは復活です。
[Google翻訳]

「ニューイングランドIPA」とは、最近流行り(?)のアメリカンIPAのスタイルとのことで、ニューイングランド地方とは「アメリカ合衆国北東部の6州(北から南へメイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)を合わせた地方である。中心都市はボストン。(wikipediaより)」とのこと。
地図で見ると東海岸の最北端の方なんですね。

で、どんなスタイルかといえば、ホップの華やかさが強いが、苦味はそこまで強くない印象。(あくまで西海岸スタイルと比較してですが)
「ホップの苦味はあんまし得意じゃないけど、味わいは好きなんだよなー」みたいな層に受けそうな気がします。

この解説もとある方からの受け売りなので、正確さには欠ける部分もあるかと思いますので、参考まで。

飲んでて楽しいびーるなのは間違いないところですね。

あ、写真にはボトルが写っていますが、飲んだのはドラフト(樽生)ですw



【公式ホームページ】Revival Brewing

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD