2016年12月23日金曜日

アサヒビール「ドライブラック」(Asahi Beer「Dry Black」)〔缶〕[201.12.17]

【1st review in twitter】焦げの強い麦の香り。スーッと通り抜ける線の細い液体。舌にぴりぴりと強い炭酸の刺激。少しのザラついた粉っぽさも食感としてあるが後味の焦げ付いた印象の方が強い。ドライシリーズの黒としての存在感が強いびーる。

【追記】ローストの焦げ焦げな印象が強い香り。
飲み口は軽く、すっきりと飲める印象は「黒ビール」というよりはスーパードライ(無印)のローストバーレイ版といった印象。黒いスーパードライ?

舌にピリピリと感じる強炭酸は、シリーズの血統を感じさせ、「黒」を思わせるのは主に後味。

飲み終わりに感じる焦げの粉っぽさと苦味・酸味をすんなり受け入れられるかで評価の別れそうなびーるですね。

さて、公式ホームページでは、
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、クオリティアップした『アサヒスーパードライ ドライブラック』を2016年12月6日(火)より全国で新発売します。
 『アサヒスーパードライ ドライブラック』は、2012年の発売以来、黒ビールでありながらキレ味のよい“ドライテイスト”とすっきりした後味が好評を頂いています。
 発売5年目を迎え、新たに“ビアホール仕立ての黒”を商品コンセプトに据え、ビアホールで飲むような本格的な味わいを目指し、クオリティアップを実施します。
すっきりした後味はそのままに、ロースト麦芽とカラメル麦芽の配合を見直し、黒ビールならではの深いコクと風味を強化しました。また、仕込みからろ過工程に至るまで製造工程を最適化し、クリーミーな泡をお楽しみいただける中身設計としました。
缶体には、商品コンセプトを分かり易く訴求するためグラスに注がれた黒ビールのイラストを大きく配すとともに中央に商品名を記載しました。
(「公式>『アサヒスーパードライ ドライブラック』クオリティアップ! 2016年12月6日(火)より全国で新発売!」より。)


「黒ビールでありながらキレ味のよい“ドライテイスト”とすっきりした後味」ですか。
ある意味その通りですね。

またCM動画がありましたので貼っておきますね。




【商品概要】
商品名 アサヒスーパードライ ドライブラック
品目 ビール
発売品種 缶350ml、缶500ml、小瓶334ml、樽10L
アルコール分 5.5%
原材料 麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ
発売地域 全国
発売期間 2016年12月6日(火)
製造工場 博多工場


【公式ホームページ】アサヒビール



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD