2016年12月17日土曜日

城端麦酒「輝W7」(Johana Beer「Kagayaki Wheat 7」)[2016.11.29]

【1st review in twitter】柑橘・ゆず寄りの淡い香り。アメリカンなホップの苦みがしっかりした骨格を形成しているがシャンパンのような華やかさも。同時に浅煎りの麦殻っぽい苦みも。後味の苦みは長く続きグルグルと苦味とダンスしながら喉へ吸い込まれて行く。

【追記】和を感じさせる柑橘の香り。

その香りに誘われて口をつけると、ホップの苦味が鮮烈でそのギャップに一瞬戸惑ってしまいました。

しかし、その苦味だけでなく、その苦味を緩和させるかのような麦の殻っぽい乾いた苦味が。これがウイートの部分なのでしょうかね?

口元から、喉に届くまで、ホップとムギの苦味がぐるぐるとトルネードしながら流れていくような不思議な感覚でした。

さて、公式ホームページでは、
当社定番商品
地元産小麦農林10号を使用
柑橘系ホップの苦みと香りをガツンと味わえます。
(「公式>輝Wheat7」より。)

たしかに苦味はガツンでしたねー。
柑橘系とゆーか、アメリカンな煮出したような苦味でしたが。

輝W7 カガヤキウィートセブン
スタイル wheatIPA
アルコール度数 7%
IBU 65
内容量 350ml


【公式ホームページ】城端麦酒



0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD