2017年5月15日月曜日

三菱食品&ローソン「ローソンセレクト ゴールドマスター」(Mitsubishi Shokuhin & Lawson「Lawson Select Gold Master」)〔缶〕[2017.05.10]

【1st review in twitter】麦の香ばしさとスピリッツ的な鼻をスッと抜ける香り。麦の殻を挽いたようなザラザラする粉っぽい雑味な苦味。どことなくウイスキーのハイボールような濃ゆめの味でアルコール感も高め。手軽に酔えそうな一本。

【追記】日本人の多くが思うようなピルスナーを模したような麦の風味が6割ほど、そして4割は新ジャンルっぽいスピリッツのアルコール感の多い香りでした。

飲んでみると、舌にぴりぴりとする強い刺激。
高炭酸かと思いきや、これはどうやらモルトの殻のような苦味のようです。

しかし、この殻のような苦味はスッキリとした液体の味わいというよりは、ゴリゴリと荒く挽いたような荒々しい粉っぽさ。
ここで思い出したのが「田舎でたまに出会う蕎麦」。
粗挽きで、蕎麦の風味が強かったりするやつですね。

全体的にはやはり麦の “風味” が特徴的に感じました。

さて、公式ホームページでは、
三菱食品株式会社(本社:東京都大田区)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、以下「ローソン」)は、4月25日(火)より、ローソンのプライベートブランド「ローソンセレクト」から、第3のビール「セレクト ゴールドマスター」と「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」を、全国のローソン酒販店(11,766店:2017年3月末現在、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」は除く)で発売いたします。 
今回発売する「セレクト ゴールドマスター」と「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」は、麦芽を使わずおよび(赤字部分を2017年4月21日に訂正いたしました)、穀類などの原材料を使用し、他の種類のビールと比較して、低価格が特長の「第3のビール」です。 
この商品は、「低単価で高アルコール」というお客様のニーズの高まりを受け、お買い求めしやすい価格に加え、他の第3のビールに比べアルコール度数が高めの6%に仕上げています。「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」は、「セレクト ゴールドマスター」と比較して、糖質が70%オフであり、アルコール度数は4%に仕上げています。「セレクト ゴールドマスター」と「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」は、低価格ながら雑味のないクリアな味わいを感じられる「第3のビール」です。 
ローソンセレクトとは、有職女性・主婦やシニアの方々にむけて、「利便性」、「規格」、「品質」、「美味しい+健康」の4つのコンセプトで開発したローソンのオリジナルブランドです。食品から日用品まで、幅広い生活必需品をラインナップしています。
(「公式>ローソンセレクト初 第3のビールが登場 4月25日(火)より、全国のローソン酒販店で 「セレクト ゴールドマスター」発売」より。)

ああ、初めて見たと思ったら、意外と近い時期の新発売だったのですね(ほっ)
「低単価で高アルコール」というコンセプトはよくわかります(書きながら酔いを感じてます)

味わいに関して「低価格ながら雑味のないクリアな味わい」とありますが……?

前述のコンセプトにはぴったりだと思いますので、そーゆー気分の時にいいと思います。なにせ350ml108円ですしね!

「セレクト ゴールドマスター」
左:350ml 税込108円
右:500ml 税込148円
※アルコール度数は6% 
「セレクト ゴールドマスター糖質オフ」
左:350ml 税込108円
右:500ml 税込148円
※アルコール度数は4%


【公式ホームページ】ローソン

0 コメント:

コメントを投稿

comment here

びーるのみたい。Web Shop はじめました。

LINEスタンプ好評発売中!

Amazon Watch

Amazon 産業・研究

Google AD