サントリー「金麦 -琥珀のくつろぎ-」(Suntory「Kinmugi -Kohaku no Kutsurogi」)〔缶〕

サントリー「金麦 -琥珀のくつろぎ-」(Suntory「Kinmugi -Kohaku no Kutsurogi」)〔缶〕[2017.10.11]

【1st review in twitter】ベリー系の酸味を思わせるモルトの焦げたような香り。香ばしくややツーンとくる酸味と焼酎のようなアルコール感。チクリとする口当たりはあるがそれ以外は割とスーッと飲めてしまうびーる。

【追記】最初に嗅いだ時には「いちごジャム?」とも思いましたが、嗅ぎ直してみると今度は山葡萄のようにも感じられ、ベリー系という曖昧な書き方にしてしまいました。
まあ、びーるマニア的にはモルトの焦げた香りで、レッドエールとかその辺の香りですね。

味わいはモルトの焦げ的なチクチクとする食感。
それと混ざって顔を出すのが焼酎っぽいアルコール感。
レモンハイとか、果物系の酎ハイなんだけど、焼酎の比率が高い時に「なんか濃いよねー」と思う感じにすごく近いです。

軽い感じでは飲めるし、いわゆる新ジャンルとしては(焦げ感もあるので)飲みやすい印象はあるのですが、びーるの代用品というよりは、黒ホッピーに近いかもですね。

さて、公式ホームページでは、

 サントリービール(株)は、新ジャンル「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」を10月3日(火)から全国で期間限定新発売します。 
 「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」は、秋の季節に落ち着いてじっくりとビール類を味わいたいというお客様ニーズを捉え、毎年ご好評をいただいています。今回は、ロースト麦芽一部使用、アルコール度数6%といった特長はそのままに、ホップの配合を調整し、深い味わいと飲みやすさのより良いバランスを実現しました。パッケージは、缶下部に“2017 限定醸造”の文字を配するとともに、深みのある赤色を基調にすることで、“落ち着きのある上質感”を表現しました。 
 なお、「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」は、9月19日(火)から全国で実施するサントリー金麦「おいしい新米がやってくる」キャンペーン(ニュースリリースNo.12983参照)の対象商品となります。 
(「公式>「金麦〈琥珀(こはく)のくつろぎ〉」期間限定新発売 ― 寒くなる季節にゆったりくつろぎながら楽しめる“琥珀色の金麦”を今年も発売 ―」より。)

このバランスでアルコール度数6%は個人的に高すぎるような気がしますが、そこは推して知るべし、でしょうかね。

ちょっと変わった金麦をお試しになりたい方向けの商品かと思います。





【公式ホームページ】サントリー

コメント