サンマイ「ハニーレモンラガー」(SUNMAI「Honey Lemon Lager」)

サンマイ「ハニーレモンラガー」(SUNMAI「Honey Lemon Lager」)[2020.09.19]

【1st review in Instagram】#sunmai金色三麥 #HoneyLemonLager 少し奥歯が痒くなるような蜂蜜の甘く濃ゆい香り。まったりとした蜂蜜の甘い味わいが前歯から伝わり歯を中心に口内をコーティング。甘いんだけど甘すぎず凛としたスッキリ感は不思議。どこまでも飲めてしまいそうな味わいは日本のpackagedされたレモンティのようなほろ苦さも。#酒畜 #beer2life #びーるのみたい #ハニーレモンラガー #台湾 #taiwan

【追記】渋谷PARCO B1の立ち飲みビールボーイさんで行われていた『台湾好吃!好喝! 〜台湾フード&ビールを楽しもう〜』で飲ませていただきました。その3杯目。

このビールはおそらく数年前に横浜の大桟橋でのビールイベント(ビアフェス横浜だったかな?)で飲んだように記憶していました。なのでこの日の最後に回していたのです。
ただ、明確に「うまかった!」という記憶ではなく、どちらかといえば及第点の記憶でしたのでこの日も正直期待はしていませんでした……この前の2杯を飲むまでは。

この日飲んだサンマイさんの3杯はどれも手放しで美味かったです。

果物だけでなく、蜂蜜も甘さがしっかり感じとれたのも感動でした。
ハニーエールやミードなどを冠したビールの中には、妙に渋い紅茶のような味わいになってしまっていたり、変に甘さが残り、夏に鞄の中で溶けてしまったべっこう飴のような後味の残りすぎるベタつきがあったりしても不思議ではないんですが。
レモンと合わせているのもテクニックなのかもしれないですね。

さて、公式ホームページでは、
ハニーラガー
HONEY LAGER

龍眼蜂蜜は、一年に28日間しか取ることができないとても貴重な蜂蜜です。
発酵の過程でこの龍眼蜂蜜を加えることで、蜂蜜本来の香りと甘さが引き出され、ビールの麦芽の甘さと絶妙にマッチしました。
濃厚な花の蜜の香りが感じられ、後味には爽やかで上品な香りの残るラガービールです。

スタイル:ハニーラガー
原料:水、大麦麦芽、小麦麦芽、酵母、ホップ、龍眼蜂蜜
アルコール度数:5.0%(「公式>オリジナルシリーズ」より。)

いやいや、まさにおっしゃる通り。
公式の表現と、自分の感想がマッチすることってあまりないんですけど、これはその通りです。

マッチしない要因には、運搬や機材などを含めたビール自体のコンディションも大きいと思います。
前述しましたが、特に数年前に同ビールを飲んだときは瓶での提供だったと記憶しています。

一緒にいた知人とも「樽生だと(瓶で飲んだ印象より)格段に美味くね?」と顔を見合わせました。


【公式ホームページ】SUNMAI

【社名表記について】
登録社名は、日本語の公式ページでは「SUNMAI 金色三麥」。英語ページでは「LONG SUN BREWING」で、中国語表記は「龍昇釀造股份有限公司」。Googleさんでは「SUNMAI 金色三麦(龍昇醸造有限公司)」と、どれで紹介するべきかかなり迷いましたが、以下「SUNMAI」さんが公式寄りでしょうかね。

金色三麦からSUNMAIへ

私たちはクラシックなドイツ式醸造工芸で小麦、黒麦、琥珀と三種類のクラフトビールを作るところからスタートしました。そして直営のレストラン「金色三麦」を通し、台湾の酒蔵で醸造したこれらの本格的なクラフトビールを広めてきました。

2004年以降、さらに磨かれた醸造工芸で台湾の龍眼蜂蜜を使用したクラフトビール生み出しWBC世界チャンピオンを獲得。この栄誉は私たちに、この土地ならではの特色を発掘してこそ世界を魅了できる国際級のクラフトビールになり得るのだということを教えてくれました。

そして2016年、私たちはクラフトビールの醸造工芸とこの地ならではのストーリーや原料を結びつけるという理念を込めて、ブランド名を「SUNMAI」へとリニューアルしました。

ロゴのモチーフは、ビールの酒樽の金具の部分や漢数字の「三」、そして易占いで「天」を表す記号の形とも似ていることから、起源である金色三麦を忘れないという意味、そして同時に、ここがあなたにとってクラフトビールの世界への入り口になるという意味を持たせました。

コメント