フォークウェイズブリューイング「#25 ポーター」(Folkways Brewing「#25 Porter」)

フォークウェイズブリューイング「#25 ポーター」(Folkways Brewing「#25 Porter」)[2020.09.21]

【1st review in Instagram】#FolkwaysBrewing #25 #Porter コーヒーっぽいローストモルトの鼻にくすぐったい香り。丸い印象の舌触りでトゲトゲしさは少ない。舌の上を粒子が滑るように流れほのかな甘さだけが残る不思議。とても優しいポーター。#酒畜 #beer2life #びーるのみたい

【追記】コーヒーっぽい焙煎感、というのはポーターとしては当たり前に感じる部分はありますが、意外と焦げ臭いだけだったり、ヤケに酸味が強かったりと香りにも幅広さが現れるものです。
その中で、この香りはしっかりと心地よく香るものでした。(←この語彙力である)

味わいも強く落ち着かないものではなく、しっとりと舌に馴染む印象。
特に驚いたのは、前述の「舌の上を粒子が滑るように流れ」の部分。
これまで飲んできたポーターや焙煎の効いたビールの多くは「焙煎の粒子が舌の味蕾を塞ぐような感覚」があったのですが、このビールは味蕾よりも粉っぽさの直径が大きく、塞ぐ感じが感じられず、舌の上を粒子が滑らかに流れて行くような感覚に襲われていました。

さて、公式facebookも探りましたが、このビールに関するコメントは見つけることができませんでした。

特にイングリッシュ系のスタイルのビールは「落ち着いて飲める」というのが楽しみの一部だと思いますが、フレッシュさも同時に楽しめるのはなかなか稀有な体験でした。



【公式ホームページ】

コメント